20090203 CCNP BCMSN

By | 2009年12月14日

■目次
1.キャンパスネットワークの概要
2.モジュール方式のネットワーク設計
3.スイッチの動作
4.スイッチポートの設定
5.VLANとトランク
6.VLANトランキングプロトコル
7.スイッチリンクの集約
8.従来のスパニングツリープロトコル
9.スパニングツリーの設定
10.スパニングツリープトロコルトポロジ保護
11.より高度なスパニングツリープロトコル
12.マルチレイヤスイッチング
13.ルータ、スーパーバイザ、電源の冗長化
14.IPテレフォニー
15.スイッチアクセスのセキュア化
16.VLANによるセキュア化
17.無線LANの概要
18.無線アーキテクチャとその設計
19.Cisco Unified Wireless Network

■2.モジュール方式のネットワーク
階層型キャンパスモデル(シスコ3階層モデル)は、古くから使用されている設計モデル。
それを大規模ネットワーク向けに拡張したモデルが、
エンタープライズ複合ネットワークモデル(ECNM:Enterprise Composite Network Model)。
3つのエリアに分けられる。
1.エンタープライズキャンパス
2.エンタープライズエッジ
3.サービスプロバイダエッジ

1.エンタープライズキャンパス
1-1.ビルディングアクセス:アクセス層に相当
1-2.ビルディングディストリビューション:ディストリビューション層に相当
1-3.キャンパスバックボーン:コア層に相当
1-4.ネットワーク管理:ネットワークを管理するサーバを配置(syslogサーバ,snmpサーバ)
1-5.サーバファーム:サーバを配置(web,ap,mail,db等)
1-6.エッジディストリビューション:エンタープライズキャンパスとエンタープライズエッジとの架け橋。(fw,sw)

2.エンタープライズエッジ
2-1.インターネットアクセス:社内ネットワークからのアクセスで使用。(FW)
2-2.Eコマース:商用サービスのネットワークで使用。(WEB,AP,MAIL,FTP,DB,DNS,LB,FW)
2-3.リモートアクセスとVPN:外部からのアクセスで使用。(VoIPゲートウェイ,VPNデバイス)
2-4.WANアクセス:支社などとのリモートアクセスで使用。(ルータ)

3.サービスプロバイダエッジ
3-1.ISP(Internet Service Provider)。上記2-1,2-2に接続。
3-2.PSTN(Public Switch Telephony Network)上記2-3に接続
3-3.FR/ATM/PPP(Frame Relay)上記2-4に接続。