20090120 LPIC レベル3

By | 2009年11月23日

■目次
301 概念、アーキテクチャおよび設計
302 インストールおよび開発
303 設定
 303.1 LDAPにおけるアクセス制御リスト 重要度2
 303.2 LDAPレプリケーション 重要度5
 303.3 ディレクトリのセキュリティ 重要度4
 303.4 LDAPサーバのパフォーマンスチューニング 重要度2
 303.5 OpenLDAPデーモンの設定 重要度2

■303.1 LDAPにおけるアクセス制御リスト 重要度2
slapdプロセス起動時のオプション
slapd -f /bbb/aaa :/bbb/aaaを起動時の設定ファイルに指定
slapd -u ldap:起動ユーザ指定
slapd -g ldap:起動グループ指定
slapd -l local3:syslog のファシリティ指定。デフォルトはlocal4
slapd -T t slaptestモードで起動
slapd -T a slapaddモードで起動

/usr/local/libexec/slapd -u ldap -g ldap -l local3 -f /usr/local/etc/openldap/slapd.conf