20090117 LPIC レベル3

By | 2009年11月23日

■目次
301 概念、アーキテクチャおよび設計
302 インストールおよび開発
 302.1 OpenLDAPのコンパイルとインストール 重要度3
 302.2 Perl/C++を使ったLDAP向け開発 重要度1

■302.1 OpenLDAPのコンパイルとインストール 重要度3
OpenLDAPのインストールのために必要となるソフトウェア・ライブラリ
1.BDB(BerkeleyDB)の準備

1.1.BDBをダウンロード
http://www.oracle.com/database/berkeley-db/index.html

1.2.tarファイルの展開
 tar xvfz db-4.5.20.tar

1.3.Linux用作業ディレクトリに移動
 cd db-4.5.20/build_unix/

1.4.コンパイル
 ../dist/configure

1.5.インストール
 make
 make install

1.6.PATH設定(/etc/ld.so.conf)
 /usr/local/lib
 /usr/local/BerkeleyDB/lib

1.7.反映
 /sbin/ldconfig

2.OpenLDAPの準備
2.1.OpenLDAPの入手
 http://www.openldap.org/

2.2.tarファイルの展開
 tar xvfz openldap-stable-20080813.tgz

2.3.コンパイル
 ./configure

2.4.依存関係の最新化
 make depend

2.5.インストール
 make
 make install