20090115 LPIC レベル3

By | 2009年11月23日

■目次
301 概念、アーキテクチャおよび設計
 301.1 LDAPの概念とアーキテクチャ 重要度3
 301.2 ディレクトリ設計 重要度2
 301.3 スキーマ 重要度3

■301.3 スキーマ 重要度3
オブジェクトクラスは大きく3種類にわけられる。
1.ABSTRACT:他のオブジェクトクラスの基底のクラスとして指定される。あまり存在しない。(例:TOP)。
2.STRUCTURAL:エントリは本オブジェクトクラスを最低1つ指定する必要がある。大半を占める。(例:person)
3.AUXILIARY:STRUCTURALだけでは必要な属性が足りない場合指定する。あまり存在しない。(例:uidObject)

1.ABSTRACTの参考例
objectclass ( 2.5.6.0 NAME ‘top’
DESC ‘RFC2256: top of the superclass chain’
ABSTRACT
MUST objectClass )

2.STRUCTURALの参考例
objectclass ( 2.5.6.6 NAME ‘person’
DESC ‘RFC2256: a person’
SUP top STRUCTURAL
MUST ( sn $ cn )
MAY ( userPassword $ telephoneNumber $ seeAlso $ description ) )

3.AUXILIARYの参考例
objectclass ( 1.3.6.1.1.3.1 NAME ‘uidObject’
DESC ‘RFC2377: uid object’
SUP top AUXILIARY MUST uid )

属性を照合するには3つの方法がある。
1.EQUALITY:文字列や数値の全体に対して照合(例:属性=AAA、照合は”AAA”等)
2.ORDERING:数値の大小等を使って照合(例:属性=111、照合は”100以上”等。あまり存在しない。)
3.SUBSTR:文字列の1部分に対して照合(例:属性=111、照合は”1を含む”等)

attributetype ( 0.9.2342.19200300.100.1.3
NAME ( ‘mail’ ‘rfc822Mailbox’ )
DESC ‘RFC1274: RFC822 Mailbox’
EQUALITY caseIgnoreIA5Match :完全一致。英大小文字を区別せず、スペースを無視して照合。
SUBSTR caseIgnoreIA5SubstringsMatch:部分一致。
SYNTAX 1.3.6.1.4.1.1466.115.121.1.26{256} )

( 1.3.6.1.4.1.42.2.27.8.1.16
NAME ‘pwdChangedTime’
DESC ‘The time the password was last changed’
EQUALITY generalizedTimeMatch
ORDERING generalizedTimeOrderingMatch:大小。
SYNTAX 1.3.6.1.4.1.1466.115.121.1.24
SINGLE-VALUE:複数の値を入力できない。
USAGE directoryOperation )

SYNTAXのデータ型のOID
1.3.6.1.4.1.1466.115.121.1.27:整数値
1.3.6.1.4.1.1466.115.121.1.50:電話番号