2010年07月18日 LVS keepalived 障害回復

By | 2010年7月18日

以下の構成で通信がうまくいかなくなる原因が分かりました。
初歩的なミスが3つあったためです。

LVS+keepalived 2台
リバースプロキシ 2台
webサーバ 2台
  
  
■3つの事象
 ・ipvsadm -Lnコマンド実行時、real_server(プロキシ)が1つしか表示されない。
 ・real_server(プロキシ)を2つ起動させると、時々通信ができなくなる。
   ⇒messagesを見ると、Keepalived_healthcheckers: Disabling Service頻発。
 ・片方のwebサーバが特定URLの時、404を返す。
 
 
■ミス
 1. keepalived.confの設定ミス。(TCP_CHECKの後にスペースなし)
    -正TCP_CHECK {
    -誤TCP_CHECK{
  
 2. 2台のreal_server(プロキシ)のMACアドレスが同じだった。
    -/etc/libvirt/qemu/xxxx.xmlを修正。
    -virsh define /etc/libvirt/qemu/xxxx.xml
    -real_server(プロキシ)を停止・起動。

 3. 一方のwebサーバに.htaccessを配置していなかった。
    -rsync -avz -e ssh .htaccess 移行先IP:/xxx/xxx/
 
 
■本日のskytalk(talk 16)
 we compete with a lot of websites.