2010年05月03日 centosでiscsiを使ってみた

By | 2010年5月2日

自宅サーバでiscsiを利用し、旧サーバに接続してみました。
今回はそのメモです。
 
 
■構成
自宅サーバ(centos5.4iscsiイニシエータ。要はクライアント。192.168.xxx.xxx)
  |
  |LAN接続(ルータ経由)
  |
旧サーバ(fedora8。iscsiターゲット。要はストレージ。192.168.yyy.yyy)
 
 
■iscsiターゲットの設定
1.パッケージインストール・サービス起動
 yum install scsi-target-utils.i386
 /etc/init.d/tgtd start
 chkconfig –add tgtd
 chkconfig tgtd on
 chkconfig –list |grep tgtd

2.iscsiターゲットの設定と確認
 /usr/sbin/tgtadm –lld iscsi –op new –mode target –tid 0 –targetname iqn.2010-05.com.uegaito:iscsi0
 /usr/sbin/tgtadm –lld iscsi –op show –mode target

3.公開する領域をiscsiターゲットに割り当てる。
 /usr/sbin/tgtadm –lld iscsi –op new –mode logicalunit –tid 0 –lun 1 –backing-store=/dev/md0
 /usr/sbin/tgtadm –lld iscsi –op show –mode target

4.アクセスリストの設定。確認
 /usr/sbin/tgtadm –lld iscsi –op bind –mode target –tid 0 –initiator-address 192.168.xxx.xxx
 /usr/sbin/tgtadm –lld iscsi –op show –mode target
 
 
■iscsiイニシエータの設定
1.パッケージインストール。起動。
 yum install iscsi-initiator-utils
 service iscsi start

2.iscsiターゲットの検出
 iscsiadm -m discovery -t sendtargets -p 192.168.yyy.yyy
 service iscsi restart
 iscsiadm -m node
 dmesg

3.iscsiターゲットに接続
 iscsiadm -m node -T iqn.2010-05.com.uegaito:iscsi0 -p 192.168.0.2:3260,1 –login

4.マウント
 mkdir /test
 mount /dev/sda /test

5.確認。性能テスト。
 ls /test/
 hdparm -t /dev/sda

■参考
http://mojimoji.jp/wiki/index.php?CentOS%2F5.2%2F11.iSCSI%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%88
http://storage.isp.jp/article.php/open-iscsi-01
http://kaiseki-web.lhd.nifs.ac.jp/wiki/index.php/Linux:iSCSI
http://nkjmkzk.net/?p=80