自宅のサーバラック・サーバ・NW機器を撤去

By | 2012年9月8日

自宅のサーバラック1台、サーバ6台、NW機器18台を撤去。
2008年春に今の家に引越し、冬頃にはサーバラックを購入していたような気がするので、約4年間家にあった大きなサーバラックがなくなり、少し寂しい気もする。



ラック

IBM RS6000(高さ157cm、横104cm、奥行65cm)
重さは100kgは超えていると思われ、撤去業者2名でも持ち上げる事ができない。
電源ユニット等ががっつり積まれており、それも重い原因の一つな気がする。
幸いにもキャスターが動いたので、養生シートをひいて運び出した。
キャスターが最初うまく動かなかったり、下に引いたダンボールがキャスターにからまり進まなかったり、廊下や玄関が狭かったりと難易度が高かったが、撤去業者の方が家に傷をつけることなく無事搬出完了。
ヤフオクで購入した時には、ラック代1万、配送代2万の合計3万円程度掛かった気がする。


サーバ

自宅サーバとしては、ドスパラで購入したOSなしのPCを主に利用していたので、
Linuxの検証はそこで実施していた。
なので、iLOの設定を確認してみたりとか、サーバケース内の構造を眺めたり、
CPU・メモリ等を交換してみたりと完全な趣味的用途だった。
6台合計でヤフオクで2,3万円程度掛かった気がする。

合計6台
HP DL360 G3 3台
HP DL380 G3 2台
HP MSA 30 1台



NW機器

検証としても、実運用としても両方でお世話になった機器。
juniper netscreen-25は約1,2年は実運用で利用。静音だったし。
他の機器は音がうるさいので、検証用。
仕事で不明だった設定を家の実機で検証したり、CCNP勉強時に活用。
合計10万円程度掛かった気がする。特にL3スイッチが高価で2台で5万円くらいしたような。。。

合計18台
juniper netscreen-25 2台
cisco CSS 11000 2台
NOKIA IP330 2台
Cisco Catalyst2950 5台
Cisco Catalyst2900 2台
Cisco Catalyst3550 2台
Cisco Cisco2600 3台


撤去前と撤去後

きれいさっぱり。1時間程度で撤去完了。
今回は、テイクオフという会社に撤去を依頼。
自宅のサーバラック1台、サーバ6台、NW機器18台撤去で2万円だった。
事前の見積り対応、当日の撤去対応も丁寧だったし、満足している。
そして、撤去業者はこのビジネスで儲けられているのかもちょっと心配になった。
 ・撤去担当者2名*作業単価3000円*作業時間3時間 =18000円。
 ・あとはどこまで回収した機器を転売できるかかな。。。