2010年05月23日 インフラエンジニアDayに参加

By | 2010年5月22日

5/22、インフラエンジニアDayに参加してきました。
PASONA TECH(大手町)が会場だったのですが、到着して衝撃を受けました。
なんと、農場のあるオフィス。。。コンセプトは「自然との共生」らしいですね。。。

っと少し癒されて、以下の3つに参加。

1. 日本最大のユーザを誇るTwitterケータイクライアント『モバツイ』
  に見るインフラとしてのクラウドの有用性 』
   
2. 既存のレンタルサーバはどうなる?
  クラウド時代のホスティングサービスとエンジニアの目利き

3. クラウド・エンジニアサバイバル~先が読めない時代に生き残るために~
 
 
最近、情報のinput(expo,研修等)が多すぎて、
それを自分の中で整理できていない状態という事もあり、
またinput(セミナー参加)を増やすのは非効率的なのでは、、、
とあまり乗り気でなかったものの、ドタキャンは避けたかったのでとりあえず参加してみたら、
結果として良い整理となり、刺激もたくさんもらいました。

以下、メモです。

1. 日本最大のユーザを誇るTwitterケータイクライアント『モバツイ』
  に見るインフラとしてのクラウドの有用性
   ・途中参加なのため後半10分程の参加となる。。
   ・iphoneからSSHでAmazonにログインできる。便利。
   ・アンドロイドはSSHでログインしながら、画面確認もできる。さらに便利。
   ・Amazon EC2の利用料金は計算しづらい。
   ・インスタンス料金の20%~30%増くらいになるとかの経験を積み提案をスムーズに。

2. 既存のレンタルサーバはどうなる?
   クラウド時代のホスティングサービスとエンジニアの目利き
   ・VPSとクラウドの違い。短納期。ピークのときだけ柔軟にサーバ増やせるかどうか。
   ・サーバの契約、1時間単位。1日単位。1ヶ月単位。
   ・柔軟にサーバを増やせるから、シンプルなサイジング・スモールスタートが可能。
   ・信頼性(稼働率)・拡張性・レスポンスが大切。

3. クラウド・エンジニアサバイバル~先が読めない時代に生き残るために~
   ・Amazon EC2のおかげで、そのメリデメを分析し議論が進む。
   ・Amazon そこまで安くない。1ヶ月ずっと使い続けたらサクラとあまり変らない!?
   ・クラウドなら、ヤフートピックにリンクが張られても大丈夫。⇒ウリ
   ・ピークにあわせたサイジングをしなくて良い。⇒ウリ
   ・標準化したいが今までできなかった。クラウドという流れにのって実現も。
   ・クラウド=仮想化がメイン。でも、分散ファイルシステムとかも面白い。
   ・クラウドが流行った後の世界をイメージする。情報が集まる。分析のニーズ!?
   ・クラウドを構築する人は、クラウドを使う人の視点も大切。
   ・おもいやりの精神。webサービスが儲かってないときはそんなにお金とりませんよ。
   ・でも、儲かったらよろしくね。クラウド運営側もサイトに大きくなってほしい。
     ⇒成功報酬型のクラウドがあっても面白いと思った。利益の何%を支払いとかw
   ・ビジネスのはじめ方。自宅サーバで試す。人気が出たらクラウドで。
   ・クラウドで何がしたいか。膨大な計算能力。
     ⇒大学院生とかもシミュレーションでアマゾン使うとか面白いかもと思った。
     ⇒自分が学生のときは、PCにlinux入れて計算していたが、
     ⇒Amazonとかのもっと良い性能のサーバで計算させる。
     ⇒従量課金だし、帯域も使わないしで面白いかも。今度友人に紹介しようかなw
   ・インフラ系の勉強会ももっと盛り上げましょう。hbstudyとかもあるよ。
   ・hadoop
   ・インフラエンジニアも発言力が上がる。クラウドでインフラが注目されることで。
   ・コードが読める、インフラエンジニアは素敵。

■参考
  http://www.pasonatech.co.jp/campaign/cloud/