2010年05月02日『世界最高水準! 東証 新ITシステム技術セミナー』に行ってきた

By | 2010年5月1日

4/28、『世界最高水準! 東証 新ITシステム技術セミナー』に行ってきました。
社外セミナーに初めて参加しましたが、視野が広がるので良いですね。
以下、メモです。

 ・システムの3つの要件を説明。1.高速性。2.信頼性。3.拡張性。
 ・高速性:レスポンス10ms以下。webサイトの運用ではあまりない要件かな。。。
 ・信頼性:99.999%以上の可用性。今のところ99.99999%(7ナイン)を実現。
 ・拡張性:1週間以内でシステム増強。3つの拡張性。
        (1.緊急拡張(当日中)2.短期拡張(1週間)3.長期拡張。)
 ・富士通はLinuxの開発に力を入れている。日本ではNo1,世界でもTop10に入る模様。
 ・RHEL5で、高負荷時の性能劣化が低下したことにより、MCシステムでの採用を決定。
 ・富士通社内統計データによると、故障件数はRNELの進化に伴い、右肩下がり。
   (2009年は2004年の1/8)
 ・東証システムでもより低いレイテンシーの実現のため、OSのチューニング実施。