2010年02月27日 朝まで生テレビ

By | 2010年2月27日

テレビ朝日の『朝まで生テレビ』、朝まで見ました。
今回のテーマは、凋落日本と若手起業家の”成長戦略”
 
昨月もみましたが、この番組は本当に面白いですね。
印象に残ったもの。

 ・youtubeが違法ではなく、なぜwinnyが違法なのか。
 ・ipodのキーは、itunes。著作権的な問題。
 ・予想される問題(違法等)を完全に解決する前に、発表する。
  (違法かどうかは裁判所が最終的に判断するので的な思想。)
 ・日本だと何か問題あったとき誰が責任とるとか、違法じゃないのとかを先に検討しすぎる傾向。
 ・日本だと目だった者をマスコミ・警察が叩いてくる。
 ・要は、キー技術が出たとき、叩かないでくれ。自由にやらせてくれ。

 ・米国は禁止制。禁止されたもの意外は基本OK。(でも倫理に反した事はしないような風土)
 ・米国は1位になったものを賞賛する。1位になった者は弱者を助ける事でもっと賞賛。
 ・ビルゲイツの寄付。
 ・日本は許可制。許されたもの意外はすべてアウト。
 ・日本は負けた者がかわいそうだから競争させないような方向に一時あった。
 ・要は、競争は大切&負けたものが再度挑戦できるようなセーフティーネットが必要。

 ・起業には動物的な感覚も大切。(そんなに深く考えすぎても行動できなくなる)
 ・やるまえには、みんなそんな事ムリだよと言う。やったあとは、みんなすごいと言う。
 ・リクルートの社風はすごい。早期退職を推奨。
 ・30代に給与の伸びが穏やかに、退職金1000万円(起業資金)。
 ・リクルート出身の社長がたくさんいる。
 ・まだ成功できそうな起業分野はあるけど、意外とみんな起業しない。
 ・起業ではそんなにお金が必要ない場合もある。何かを仕入れて売るタイプでなければ。