2010年01月10日 ドメインのwwwありなし

By | 2010年1月10日

ドメインをwww.uegaito.comで統一することに決めました。
以下、対応経緯です。
  
 
ふと、googleでuegaito.comがどのように表示されるか調べてみたところ、
www.uegaito.comの結果がメインで表示されており、最近の記事が出てこなかった。
(DNSでuegaito.com,www.uegaito.comの両方を登録しているので、
両方アクセスすることは可能な状態。)

そーいえば、wwwのあり・なしを特に意識していなかったので、
一般的(SEO的)にはどちらが良いのか調べてみる。

すると、以下のようにwwwありの方が良いことが判明。
(個人的にはURLは短い方がすっきりして好きだったが。。。)
 ・yahooはwwwの方を優先する模様
 ・googleはどちらかに統一することを推奨
  (googleのウェブマスターツールの[サイト設定]-[設定]-[使用するドメイン]で設定。)
 ・google.co.jpにアクセスするとwww.google.co.jpにリダイレクトされる。
 ・yahoo.co.jpにアクセスするとwww.yahoo.co.jpにリダイレクトされる。
 
 
www.uegaito.comに統一する方針に決定。
apacheのRewriteRuleで設定してみた。以下を記載し、設定反映。
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(uegaito\.com)(:80)?
RewriteRule ^(.*) http://www.uegaito.com/$1 [R=301,L]

アクセス確認すると、ページが表示できない旨のメッセージ。
とりあえず、設定を戻す。

 
現状把握のため、http://uegaito.com,http://www.uegaito.comにアクセス。
http://www.uegaito.comにアクセスすると、http://uegaito.comにリダイレクトされていた。
(今まで気がつかなかった。。。)

自分(httpd.conf)では設定していないので、
これはwordpressの設定でリダイレクトがかかっていると推測。
[設定]-[一般設定]-[WordPress のアドレス (URL)]と[ブログのアドレス (URL)』]に
http://uegaito.comと記載を確認。

これがあやしいのでhttp://www.uegaito.comに変更。
画面を確認すると、http://uegaito.comにアクセスするとhttp://www.uegaito.comにリダイレクトされた。
wordpressの機能(SEO対策)と判明。

 
httpd.confにRewrite記載して表示されなかったのは、ループが発生していたのだろう。。。
最近の記事が表示されていなかったのは、
googleのウェブマスターツールではwwwありをメインに設定していて、
wordpressではwwwなしをメインに設定していたことが原因だったのだろう。。。

とりあえず問題解決。wwwへ統一完了。
あとは反映を楽しみに待つ。。。