Monthly Archives: 10月 2010

2010年11月01日 oracle gold 11gの試験範囲

試験勉強をしていて、今勉強している項目を業務でいつか使うことがあるのか考えるときがある。
  
 
○バックアップ・リカバリ:
 バックアップ・リカバリ設計時には、もちろん必要になるだろう。
 運用時では、リカバリが必要な状況にならないのが一番良いが、もしかしたら使うかもしれない。
 そこそこのモチベーションを保てる。
 
○RMAN:
 たしかに便利だが、ストレージのスナップショットでバックアップを取得している限り、
 完全にRMAN頼りにならない気がする。複製データベースは使わない気がする。
 少しモチベーションが下がる。
 
○フラッシュバックテクノロジ:
 面白い機能なので、個人的には興味があるが使うのかな。。。
 モチベはそこそこ。

○データベース診断:
 難易度が高い障害発生時は使ったりするのかな。
 モチベはそこそこ。

○メモリの管理:
 普通に使う。モチベアップ。

○パフォーマンスチューニング:
 普通に使う。モチベアップ。

○領域の管理:
 普通に使う。モチベアップ。

○自動ストレージ管理:
 使わない気がする。モチベ最悪。

○リソースマネージャ・スケジューラ:
 謎。

○グローバリゼーション:
 そこまで使わない。

要は、RMAN,ASM,リソースマネージャ・スケジューラのモチベが上がらない。
これはCCNPでもよく経験した。Ciscoのファイアーウォールとか使わないだろうな的な感覚。
 
  
製品(機能)紹介的なのはできるだけ少なくして欲しいものだ。
それよりもっと実践的な項目を深く問われるものとして欲しい。(Silverの項目を深くとか。。。)
ベンダ資格だからしょうがないか。。
 
  
っと、自分で書いて改めて自分のモチベーションを下げてしまった。
ここは視野を広くするための試練だと考えよう。
 
  


2010年10月31日 10月を振り返って

10月は資格勉強が中心だった。
12月からDBA的な仕事が増えるので、このペースでOracleを勉強していこう。

そーいえば、最近Skytalkをやらなくなってしまった。
1ヶ月5000円で、10月は数回しか受けてないから。。。
Oracleの勉強が落ち着くまで退会するか、続けるか迷うところ。

 ・情報セキュリティスペシャリストの勉強
 ・Oracle gold 11gの勉強


2010年10月30日 oracle gold 11g

教科書中心に進めているので、だらけてしまう部分もあるが、
windows7にインストールしたoracle 11g R2を触りながらなんとか読んでいる。

RMANやEMについては、実際に扱ってみないとイメージがわかない。
逆に何度か扱ってみると、結構慣れてくる。

DualCore、メモリ2GBのPCだが、EMからのレスポンスは遅く感じる。
こんなものなのかな。。。

 
■黒本(教科書)
 01章 ■■■    12章 ■□□
 02章 ■■□    13章 ■□□
 03章 ■■□    14章 ■■■
 04章 ■□□    15章 ■□□
 05章 ■■■    16章 □□□
 06章 ■■■    17章 □□□
 07章 ■■□    18章 □□□
 08章 ■□□    19章 □□□
 09章 □□□    20章 □□□
 10章 □□□    21章 □□□□□
 11章 ■■□    

めざせオラクル・マスター(http://park14.wakwak.com/~ky1999/ORA/)
 001-050問 □□□□□  
 051-100問 □□□□□
 101-150問 □□□□□
 151-200問 □□□□□
 201-250問 □□□□□
 251-300問 □□□□□ 


2010年10月29日 ノーアーカイブログモードでオンラインバックアップを取得できない理由

バックアップ・リカバリについて考えてみた。
 
 
■1. ノーアーカイブログモードでオンラインバックアップを取得できない理由は何なのか

○用語の定義
ノーアーカイブログモード:アーカイブREDOログがないモード。
オンラインバックアップ:オラクルを停止せずにバックアップモード(BEGIN BACKUP)を使用して
              取得するバックアップ。

なぜ、ノーアーカイブモードでは、バックアップモード(BEGIN BACKUP)を使用できない
Oracleの仕様となっているのかな。。。

黒本には以下の記載があるが、なにかノーアーカイブモードと関係あるのかな。。。

—-
バックアップモードでチェックポイントを実行した後、ファイルヘッダーを固定し、ファイルヘッダーが変更されないようにしています。
バックアップモード中は、変更処理の前にREDOログファイルにブロックイメージが記録されるようにになります。REDOログファイルに、行イメージではなく変更前のブロックイメージを残すことで、分裂ブロックになる前のブロックを使用してリストア/リカバリが行われるようになります。
—-
 
 
■2. バックアップモードを使用せず、オンラインのままOSコピーを実施したらなぜだめか。
バックアップモードを使用せず、オンラインのままOSコピーを実施するバックアップは、
書き込み途中のファイル(分裂ブロック)をバックアップしてしまうリスクがあるためよろしくない模様。
 
 
■3. コールドバックアップ時、REDOログを含めないのはなぜか。
完全リカバリを実施するために必要なREDOログファイルを誤って上書きしないため。

http://hogehoge999.blog81.fc2.com/blog-entry-12.html


2010年10月28日 Googleリーダー

約50件くらい、Googleリーダーに登録している。
最近IT企業のニュースリリースの登録を増やしてみた。
ハイスペックな製品のリリースは楽しみである。

   
○シスコ
http://www.cisco.com/web/JP/rss/news.xml

   
○Juniper
http://rss-jp.juniper.net/f/100001s2fbcch8128je.rss

    
○日本HP(Proliant)
http://h50205.www5.hp.com/rss/hp_proliant.xml

 
○インテル
http://rss.intel.com/rss/intel-products.xml
  
○日本オラクル
http://www.news2u.net/feed/corporations/CR200264